イギリスのジョー・ソールズベリー、ローラン・ギャロスで39年のブランクにピリオド

マラガで開催されたデビスカップ決勝で、カナダがオーストラリアを下し、史上初の優勝を飾った。デニス・シャポバロフがタナシ・コキナキスを6-2 6-4のストレートで下し、好調なスタートを切った。

ジョー・ソールズベリーは、全仏オープンで39年ぶりに「メイン・ドロー」のタイトルを獲得したイギリス人プレーヤーとなった。混合ダブルスで、アメリカのデシレ・クラウチクとともにプレーしたペアは、第1セットを失った後、2-6 6-4 10-5で逆転勝利を収めた。ソールズベリーは、昨年の全豪オープン男子ダブルスでタイトルを獲得しているが、パリでの優勝は、1982年のジョン・ロイド以来、ローラン・ギャロスでのイギリス人選手としては初めてのことだった!

「フィリップ・シャトリエ・コートで勝利を手にしたソールズベリーは、「デスに言いたいのは、私たちにとって信じられないような1週間だったということ。

ソールズベリーは、全仏オープンまではテニス界以外ではあまり知られていなかったが、グランドスラム・チャンピオンになった今、全仏オープンのショーコートのひとつに昇格するかもしれないという噂がある。 ウィンブルドン選手権 これは、数年前までチャレンジャー・ツアーで苦戦を強いられ、両親から資金援助を受けていたロンドン出身の青年にとって信じられないような転機だ。数年前までは、チャレンジャー・ツアーで苦戦し、両親の援助で資金繰りに苦労していた。ひとつ確かなことは、彼が数週間後にSW19に到着したとき、イギリス人の温かい歓迎を受けるだろう、ということだ!

最近の投稿

ja