エマ・ラドゥカヌ、今週のインディアンウェルズ・オープンでテニス競技に復帰

マラガで開催されたデビスカップ決勝で、カナダがオーストラリアを下し、史上初の優勝を飾った。デニス・シャポバロフがタナシ・コキナキスを6-2 6-4のストレートで下し、好調なスタートを切った。

全米オープン・チャンピオンのエマ・ラドゥカヌが、今週、待望のテニス・コート復帰を果たす。先月、ニューヨークで驚異的なメジャー初タイトルを獲得したケント州のティーンエイジャーは、現在イギリスNo.

驚いたことに、ラドゥカヌはフラッシング・メドウズでの成功の後、コーチのアンドリュー・リチャードソンとの関係を解消し、ジェレミー・ベイツの助けを借りることにした。ベイツは元英国No.1で、現在はケイティ・ボールターを指導しており、ローンテニス協会の女子ナショナル・コーチでもある。イギリス人は、ベイツを彼女の新しいフルタイムのコーチとして正式には認めておらず、シーズン終了まで待ってから正式なトレーナーを発表するつもりであることをほのめかしている。

世界ランキング1位のアシュリー・バーティ、大坂なおみ、ベテランのセルナ・ウイリアムズなど、多くのビッグネームが欠場するインディアンウェルズ大会。ラダカヌはインディアン・ウェルズでの印象的なプレーで、世界ランキング22位まで急上昇した。 ウィンブルドン選手権 夏の全米オープンではスラム初優勝を飾った。2022年最初のグランドスラムは、1月にオーストラリアで開催される予定である。

最近の投稿

ja